人間ならではの接客の価値を

逆説! 接客接遇の極意

マンガでわかる

逆説! 接客接遇の極意

B5判/48頁

@500円(税別)

人手不足・インバウンド対応・消費税率改訂と店舗ビジネスは課題が多い昨今ですが、接客に手を抜けばすぐにお客さまがいなくなる競争社会です。ネットショップやタブレットUIで合理化しているところに勝つには人間ならではのサービスが必要です。本冊子では32ページ中19ページのマンガでわかりやすくその極意をお伝えします。タイトルの「逆説」は固定観念を排し柔軟な現場の対応が大事という著者からのメッセージです。

=>同じカテゴリーの冊子はこちら

(もくじ)

はじめに
「枠」をはずそう!
「逆説」に込めた思い
1章「接客接遇」ってなんのためにあるの?
 1-1 もしも受付嬢がロボットだったら?
 1-2 人は他人に元気やエネルギーを伝えられる
2章 リアルにしか伝わらないこと
 2-1 ネットで買わずにお店に行く理由とは?
 2-2 「あなたから買いたい」と思ってもらう
3章 接客接遇の基本
 3-1 笑顔は練習すると不自然になる
 3-2 あいづち1つでニーズを探る
 3-3 ボディランゲージの効用
4章 接客・接遇応用編
 4-1 接客と接遇の違いとは?
 4-2 「あなたがいるから来ました」となるには
5章 本当のおもてなしとは
 5-1 お客さまを怒らせるマニュアル対応
 5-2 おばあちゃんには響かない完璧な接客
6章 接客接遇 最低限の基礎
 6-1 お客さまが一番最初に見るところとは?
 6-2 カーブを描いて置きに行く挨拶とは?
 6-3 お客さまを良く観て察する
7章 お客さま心理を知ろう
 7-1 アウェイと感じるかホームと感じるか
 7-2 失敗しても1UPと考える
8章 なんのための接客・接遇か
 8-1 接遇を日々実践すると人間の魅力が高まる
 8-2 ファン客をつくるには
9章 接客接遇に必要不可欠な極意
 9-1 最低限の基礎
 9-2 お客さまを良く観よう(観察力)
 9-3 お客さまから良く聴こう(傾聴力)
 9-4 笑顔の力
おわりに