消費税率引き上げはもう来年! 準備できてますか?

軽減税率制度の基本と実務対策

制度が始まってからあわてないために

軽減税率制度の基本と実務対策

A5判/48頁

@350円(税別)

2019年10月1日から、消費税率の10%への引き上げに伴い、軽減税率制度がスタートします。これに合わせて仕入控除の方式にも変更が生じます。まず、2019年10月1日からは「区分記載請求書等保存方式」が、2023年10月1日からは「適格請求書等保存方式」(いわゆるインボイス制度)が導入されます。対象は「食品」と「新聞」ですが、請求書の書式が変わるので、全体的に対応が必要となります。レジの改修等現場から経営全体を含む対応・準備が必要な、重要な変更です。

=>同じカテゴリーの冊子はこちら

(もくじ)

1.軽減税率制度の概要
 1)軽減税率制度実施のスケジュール
2.軽減税率制度の対象品目
 1)飲食料品(酒類や外食サービスを除く)
 2)新聞
3.インボイス制度の概要
 1)消費税の仕組み(本則課税の場合)
 2)インボイス制度とは
4.軽減税率で発行する請求書・レシート
 1)区分記載請求書
 2)適格請求書
5.軽減税率導入で必要となること
 1)売上の段階
 2)仕入れの段階
 3)値付け
 4)従業員教育
 5)経理
6.税額計算の特例
 1)売上税額計算の特例
 2)仕入税額計算の特例
7.軽減税率に向けての支援制度
 1)軽減税率対策補助金
 2)その他支援策
8.軽減税率制度の対策スケジュール
 1)軽減税率開始1年前までにやっておきたいこと
 2)軽減税率開始前までにやっておきたいこと