災害や感染症などのリスクに強い経営体制づくり

BCP策定 その考え方と手順

A5判/48頁

@440円(税込)

企業活動はさまざまなリスクに囲まれています。たとえば地震や火災が起こったら、たとえば情報セキュリティが破られ顧客情報が漏えいしたら……そんな中に感染症の流行も含まれますが、統計によると他のリスクより警戒・対策度合いはかなり低かったようです。一旦自社をとりまくリスクを広く見直し、対策を練り直すことは、今最も必要なことではないでしょうか。BCPとはそのような施策です。

=>同じカテゴリーの冊子はこちら

(もくじ)

Ⅰ 企業を取り巻くリスク
 1 企業はリスクに包囲されている
 2 中小企業のリスクへの対応
Ⅱ 事業継続計画(BCP)とは
 1 BCPとは何か?
 2 BCPと従来の防災の違い
Ⅲ 事業継続計画(BCP)策定
 1 BCP策定のプロセス
 2 BCPの文書体系
 3 事業継続基本方針の策定
 4 BCM推進組織の設置
 5 リスク分析
 6 事業影響度分析
 7 目標復旧期間
 8 事業継続戦略
 9 事前対策の考え方
 10 とりまとめ
Ⅳ ケーススタディ(事前対策)
 1 イントロダクション
 2 地震編
 3 感染症編
Ⅴ 相談窓口
VI 定着に向けて
 1 経営者の意識改革と意思表示
 2 役割の割り当ておよび報奨