全ての企業に適用されます

改正個人情報保護法 概要と対策

ここがポイント!

改正個人情報保護法 概要と対策

A5判/32頁

@300円(税別)

 改正個人情報保護法は平成27年9月に成立し、施行が平成29年5月30日からとなりました。この法改正によって、一番の大きな影響は、全事業者が当法律の対象になるということです。いままでは対象外であった事業者もきちんとした取り組みが必要となりました。本冊子では、改正のポイントと、取り扱いの基本をわかりやすくまとめました。いままでも対策していた方は見直しを、まだの方は取り組むきっかけとして、1社に1冊の冊子です。ぜひご検討ください。

=>同じカテゴリーの冊子はこちら

(もくじ)

はじめに
1.目的と改正のポイント
 1)目的を確認しておこう
 2)改正の6つのポイントを押さえておこう
2.必須5つの基本ルールを押さえよう
3.読み解く前に用語を整理しておこう
 1)基本体系を確認しておこう
 2)新たな用語を確認しておこう
4.対応すべき10項目を押さえておこう
 1)基本方針を策定しよう
 2)個人情報の利用目的をあらかじめ公表しておこう
 3)取得時には、利用目的を明示しよう
 4)要配慮個人情報は原則、取得しない
 5)第三者に提供する場合は同意・記録を取ろう
 6)質問及び苦情処理の窓口を開設しよう
 7)安全管理措置を行おう
 8)従業員への教育を徹底しよう
 9)委託先の管理を徹底しよう
 10)PDCAを確立させよう
5.個人情報取扱ルールを策定しよう
 1)中小規模事業者に求められている安全管理措置
 2)安全管理措置の例
6.ケース別に対応策を見てみよう
 1)ダイレクトメールを送付しているケース
 2)展示会会場でアンケートを取得するケース
7.確認テスト