実務に基づいた具体的な内容で人気です

中小企業の経理・財務担当者が答える

決算書よろず相談所

A5/48頁

@300円(税別)

経理が苦手! 特に決算書となるとよくわからない……という経営者・幹部の方のために、現場での実戦経験豊富な著者が、Q&A形式で現場のFAQや実践のポイントに即して、決算書の読み方・活かし方をよりわかりやすく、より具体的にお教えします! 
著者は衣料品小売業で経理財務担当者として、実際に会計入力、資金繰り、銀行対応、借入などを行っている実務のエキスパートです!

=>同じカテゴリーの冊子はこちら

(もくじ)

1そもそも「決算書」と聞くと、思考停止になってしまいます
2経理の全体像と流れがよくわかりません
3領収書はどこまで経費で落ちるのでしょうか?
○【参考】(青色申告)個人事業主の主な経費
○ちょっとひと工夫①
4貸借対照表から何がわかるのでしょうか?
5「流動○○」や「固定○○」って何ですか?
6「棚卸(たなおろし)」って何ですか?
7「減価償却」って何ですか?
○減価償却費の計算例
○まめちしき(決算書の種類)
8「損益計算書」の見方のコツは?
9「損益計算書」の売上総利益(粗利益)はなぜ大事なんですか?
10「製造原価」と「売上原価」は、どう違うんですか?
11「損益計算書」ではわからない資金の動きには
どんなものがありますか?
12黒字にするためには、
最低いくらの売上がいりますか?
○損益分岐点について
13銀行は「決算書」のどんな点を見るのでしょうか?
○ちょっとひと工夫②
14消費税が払えません
15資金繰り表は作った方が良いですか?
16赤字決算になったときに、決算書からわかる原因はあるのでしょうか?
○【ワークシート】やってみよう
○おわりに